脂肪豊胸について



脂肪豊胸について

Q. 脂肪豊胸のデメリットについて教えて下さい。

デメリットをお話する前に簡単に脂肪豊胸を説明します。図1Aは脂肪豊胸前の乳房断面を示します。図4には脂肪豊胸後の乳腺とその周囲組織を示します。脂肪豊胸では注入した脂肪の80%くらい残るといわれていますが、実際には30%くらいしか残りません。脂肪豊胸後には図4に示したように乳腺組織の体積は増えません。移植で脂肪組織は増加しますが、一部がしこり(オイルシスト)になります。クーパー靭帯も細く伸びてしましまう可能性があります。脂肪豊胸をお受けになるときに主治医としてはデメリットをしつこく被施術者(お客様)に申し上げることには消極的になります。ここではお客様からよく聞かれるデメリットについてお教えして、慎重に豊胸手術の選択をしていただきたいと思います。   図1A.手術を受けていない乳腺とその周囲組織   図4.脂肪豊胸後の乳腺   もっとも大事なことは以下のデメリットが手術同意書に書いてあるかということです。実際に聞かれる疑問についてお話しします。  

A.

Q. 脂肪豊胸を考えているのですが、術前に手術を受ける方にお話ししておかなければならないと先生が考えるデメリットについて教えてください。

  そうですね。7つぐらいデメリットがあります。

  1. ① 脂肪豊胸では脂肪豊胸後にのこる脂肪の量はいれた量の30%くらいになってしまう。
  2. ② 豊胸後に乳房にしこりができることがある
  3. ③ 授乳で豊胸した乳房がしぼんでしまう
  4. ④ 注入した脂肪が壊死して石灰化をおこし、外から硬く触れる
  5. ⑤ 乳房の左右差を改善できない
  6. ⑥ 1回の治療で0.5カップから1.5カップしか大きくできない
  7. ⑦ 脂肪吸引箇所がデコボコになる可能性がある

 

A.

Q. 入れた脂肪は全部残るんじゃないんですか

  注入された脂肪は一般的なクリニックの技術水準で、半年から1年でいれた量の30%まで減ってしまいます(下図)。

脂肪豊胸後の残存脂肪体積

  その結果、豊胸効果がなくなってしまった、いいかえれば、元の胸に戻ったとうい他院の例も経験しています。  

A.

Q. どうして残る脂肪の量が6か月で30%くらいになってしまうんですか?

  いろいろ理由があります。お酒を飲む方、煙草を吸う方では残る脂肪の量は少なくなってしまいます。また、胸の皮膚に余裕がないと入れた脂肪を押し出してしまいます。最近、BRAVA(ブラバ)という装置が日本でも導入されてきました。これは吸引により胸に陰圧をかける装置で、かけられた陰圧により胸の乳腺を覆う皮膚を伸ばし、皮膚に余裕をつくろうというものです。豊胸術希望者で胸の皮膚に余裕がない人が豊胸前に胸にこの装置を装着して陰圧をかけます。陰圧をかける事によって皮膚を伸ばして豊胸術の結果を良くするためのものです。しかし、少なくとも2週間、毎日8時間行わないといけない、陰圧による引っ張り感、痛みなどの不快感がある、吸引をかけられた場所に色素沈着をおこすことがあるなどがデメリットです。色素沈着がなかなか消えないこともあります。詳しくはhttp://enhancebreastenlargement.com/brava_breast_enhancement_systemをご覧ください。  

A.

Q. ほんとうに授乳で脂肪豊胸で大きくなった胸は萎んでしまうのですか?

  脂肪で大きくなった胸は授乳でしぼんでしまうということです。授乳後にしぼんでしこりがわかるようになってしまった例を経験しています。  

A.

Q. 授乳で萎んでしまったお乳は何とか元に戻らないですか?

  脂肪豊胸を繰り返してもいいのですが、最近、経験した例ではこの訴えの方に乳腺再生豊胸を紹介しました。その方は乳腺再生豊胸を受けられこの訴えがなくなった例がありました。  

A.

Q. しこりってなんですか?癌ですか?

  ここでしこりと呼んでいますが、正式にはオイルシスト(oil cyst)です。注入した脂肪細胞が球形を形成して生存しています。球体の中は空洞になっていますが、石灰化を伴うことがあります。癌ではないので放置しても害はないのですが、外からさわってしこりとしてわかるので、脂肪豊胸の質が低下します。  

A.

Q. またわからない言葉が出てきました。石灰化で何ですか?

  石灰化とは注入した脂肪細胞が死ぬと脂肪の残骸が残ります。これに組織中のカルシウムが結合してしまいます。これを石灰化と呼びます。  

A.

Q. 石灰化がおこると何か都合が悪いのですか?

  外から硬く石灰化を触ります。しこりと同じで、脂肪豊胸術の質を下げます。レントゲン検査で白く映ります。CT検査の妨げになります。また、癌検査の時に検査が煩雑になります。  

A.

Q. しこりができたらどうしたらいいんですか?

  しこりができたら乳房を切開して取り出すか、しこりの中には液が溜まっているので注射器で抜く方法があります。最近乳腺再生豊胸に紹介して乳腺再生豊胸で乳房の脂肪が増え外からわからなくなった例があります。  

A.

Q. 石灰化した脂肪組織はどう治療するんですか?

  しこりと同様に乳房を切開して取り出すしかなかったのですが、乳腺再生豊胸に紹介して、乳腺再生豊胸で乳房の脂肪を増やして外から触らなくなった例があります。  

A.

Q. 先生は脂肪豊胸で左右差を改善できないと言われましたが、注入する脂肪の量を加減すれば乳房の左右差を改善できるんじゃないですか?

  たしかにそういうことはできますが、1回の注射で100%左右差を改善することはできない場合が多いと思います。胸の形、胸郭の形により、胸の谷間を作りにくいこともあります。注入した脂肪細胞がすべて生着すればいいのですが、生着率は30%で、よくて50%ですから、左右差の完全な改善はかなり困難だと思います。  

A.

Q. いま、胸はAAカップなので、脂肪豊胸でCカップにしたいのですが、1回の脂肪豊胸で可能でしょうか?

  1回の脂肪豊胸で0.5カップから1.5カップしか大きくできないのでBカップにしかならないでしょう。どうしても1回の脂肪豊胸で大きくしたい方はBRAVA(ブラバ)をお受けになることをお勧めします。  

A.

Q. 脂肪豊胸を考えているんですが、姉が脂肪豊胸を受けたのですが、太ももの脂肪吸引箇所がデコボコになってしまいました。こんなことはよくあることだと先生に言われた様ですが、そんなによくあることですか?

  そんなによくあることではありません。脂肪豊胸はたしかに自分の脂肪を使うので良いイメージがあるのですが、その脂肪は腹部や大腿から取ってくるので、脂肪採取部位が凸凹になる危険性があります。 以上、脂肪豊胸のデメリットを簡単にお話ししましたが、さらに疑問がある場合はお答えしますのでメールでお尋ねください。

A.


記事の内容はいかがでしたでしょうか?


読み込み中 ... 読み込み中 ...

お問合せ


クリニック紹介

ブログ

豊胸術って何